【無料映画】「ぼくを葬(おく)る」の字幕・吹替え動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 『ぼくを葬(おく)る』は、2006年に公開されたフランス映画。突然の余命宣告を受けたカメラマン。様々な思いが交錯する中、彼は思わぬ依頼を受け困惑する!?『8人の女たち』、『スイミング・プール』の鬼才フランソワ・オゾン監督が贈る、”死”をめぐる3部作の第2弾!主演はフランスの実力派メルヴィル・プポー。共演は『雨のしのび逢い』のジャンヌ・モロー、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

「僕は独りで死んでいくはずだった…。」by ロマン・ブロシャン

 パリで活躍中のファッション・カメラマン、ロマン・ブロシャン(メルヴィル・プポー)。撮影中に倒れた彼は、31歳の若さで末期のガンだと診断された。医師は化学療法を勧めるが、それを拒み余命3カ月と宣告される。様々な思いが交錯する中、己の人生の終わり方について考えるロマン。
 
 ロマンは両親を訪ね食事を共にする。ドラッグで気持ちを高めるも病気の告白は出来ずにいた。さらに、久々の再会を果たした姉・ソフィ(ルイーズ=アン・ヒッポー)と口論になり、家を後にする。帰宅したロマンは同棲中の青年・サシャに別れを告げ彼の寝顔を写真に記録した。
 
 数日後、ロマンは郊外で暮らす祖母・ローラ(ジャンヌ・モロー)のもとへ車を走らせていた。その途中、カフェに立ち寄った彼はスタッフの女性・ジャニィ(ヴァレリア・ブルーニ=テデスキ)と身の上の話で身体を休ませた。そしてローラとの再会。ロマンは病状を告白し、化学療法を勧める祖母に別れを告げ、彼女の写真を記録する。その帰路、あのカフェでジャニィに再会したロマンは、彼女から思いもしない依頼をされる。それは…!?
 
 
 

【動画の解説や感想など】

 死という現実に直面した青年。独り静かに死と向き合い、家族や恋人にもそれを知らせなかった彼。主演のメルヴィル・プポーのインタビュー記事を見つけたのでご紹介。「僕が痩せていく過程が、病人としての証明だった。過酷なダイエットによる孤独感と疲労感がスクリーンに投影された。死と向き合うと大切なものが見えてくる。死を考えることは、よりよい人生を送る助けになる。」等と語っていた。
 
 
 


 
 

【監督】

 フランソワ・オゾン
 

【出演俳優】

 メルヴィル・プポー
 ジャンヌ・モロー
 ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ
 ダニエル・デュバル
 マリー・リヴィエール
 クリスチャン・センゲワルド
 ルイーズ=アン・ヒッポー
 アンリ・ド・ロルム
 ウォルター・パガノ
 ウゴ・スーザン・トラベルシ
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★ぼくを葬(おく)る★【online】
 
【字幕・openload】
【字幕・openload】
【字幕・streamango】
【字幕・vidoza.net】
 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

● リンク先が”We are sorry!”や”Video embed restricted for this domain”、”Sorry!”と表示される場合、新たなウィンドウを開いてURLをブラウザの検索窓にコピペするか、右クリックで「シークレットウィンドウで開く」を選択してね!
 
 
 

『ロッキー』U-NEXTで絶賛放映中!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2017年11月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

U-NEXTの31日間無料お試し活用術!

U-NEXT 動画 無料

 
まだ試してないの!?
⇒U-NEXT無料お試し活用術!

★ブログランキング★

ページ上部へ戻る