【無料映画】「リリーのすべて」の字幕・吹替え動画を見る方法!

 


 
 
 

【リリーのすべての概要】

 この作品は、2016年に公開されたイギリス・アメリカ・ドイツ映画。自分の中で眠っていた女性としての人格に気付いた夫の苦悩と、その切欠を与えてしまった妻の葛藤!?世界初の性別適合手術を受けたリリー・エルベを描く感動実話。主演は『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のエディ・レッドメイン。共演は『光をくれた人』のアリシア・ヴィカンダー、他。監督は『英国王のスピーチ』、『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー。

 
 
 


 
 
 

【リリーのすべてのあらすじ】

「自分じゃない瞬間があった。」by アイナー・ヴェイナー

 1926年、デンマークのコペンハーゲン。この街に住むアイナー・ヴェイナー(エディ・レッドメイン)と妻・ゲルダ(アリシア・ヴィキャンデル)は、画家として幸せな日々を過ごしていた。そんなある日、アイナーはゲルタの肖像画モデルの代役を務めることになった。女装し、妻の前に座る夫。その時アイナーは、自分の中に眠っていた女性としての人格が目覚めるのを感じていた。ゲルダは女装したアイナーを”リリー”と呼び、パーティーに同行させた。
 
 そこでリリーは、ヘンリク(ベン・ウィショー)という男性に出会い恋に落ちる。二人のキス・シーンを目撃してしまったゲルダは、私の前では男でいて。と切望するが、リリーとヘンリクの密会は続いていた。同じ頃、リリーを描いたゲルダの肖像画が高い評価を得る。そして、リリーとして過ごす時間が増えたアイナーは、心のバランスが失っていた。二人は病院を訪れるが、医師は単なる精神疾患だと言う。
 
 ゲルダの描いたリリーの絵は売れ、二人はパリへと移住する。絵も描かずふさぎ込むアイナーのために、パリに住む彼の幼馴染みである画商のハンス(マティアス・スーナールツ)に、経緯を打ち明ける。ハンスは何人かの医師を紹介するが、やはり精神疾患と診断された。そんな時、「君は病気ではない!」というヴァルネクロス医師(セバスチャン・コッホ)が現われる。そして…!?
 
 
 

【動画の解説や感想など】

 2005年、原作である『世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語』に惚れ込んだニコール・キッドマンが映画化を企画した。しかし、それは実現せず10年の月日が経過した。そして映画は完成し、全世界で絶賛された。ニコール・キッドマンの悲願は、別のカタチで実現したが、彼女は心から喜び、作品を称賛したと言う。
 
 
 


 
 

【監督】

 トム・フーパー
 

【出演俳優】

 エディ・レッドメイン
 マティアス・スーナールツ
 ベン・ウィショー
 アリシア・ヴィキャンデル
 アンバー・ハード
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★リリーのすべて★【gomovies】
★リリーのすべて★【xmovies8】
 
【字幕・openload】
 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

● リンク先が”We are sorry!”と表示される場合、新たなウィンドウを開いてURLをブラウザの検索窓にコピペするか、右クリックで「シークレットウィンドウで開く」を選択してね!
 
 
 

『お買いもの中毒な私!』
U-NEXTで絶賛放映中!!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2017年9月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

U-NEXTの31日間無料お試し活用術!


 
まだ試してないの!?
⇒U-NEXT無料お試し活用術!

★ブログランキング★

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。