【無料映画】「狂気の行方」の字幕・吹替え動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 この作品は、2009年に製作されたアメリカ・ドイツ映画。日本未公開。母を殺害し篭城した息子。婚約者をはじめとする関係者からの証言から、事件は意外な結末をみせる!?監督は『ノスフェラトゥ』の鬼才=ヴェルナー・ヘルツォーク。製作総指揮は『マルホランド・ドライブ』の鬼才=デヴィッド・リンチ。キャスト陣もマイケル・シャノン、ウィレム・デフォー、クロエ・セヴィニーと異才揃い。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

「これからは心の声のみに従う。」by ブラッド・マッカラム

 サンディエゴの住宅地で殺人事件が発生した。容疑者はブラッド・マッカラム(マイケル・シャノン)。舞台俳優である彼が母(グレイス・ザブリスキー)を殺害し、人質をとって自宅に篭城。現場に到着したハンク刑事(ウィレム・デフォー)は、ブラッドを説得する一方、彼の婚約者・イングリッド(クロエ・セヴィニー)や駆けつけた演出家のリー(ウド・キア)、近隣に住むミス・ロバーツ(ロレッタ・デヴァイン)から事情聴取をしていた。
 
 関係者の聴取を終えたハンク刑事は、マッカラム家の情報を整理した。容疑者のブラッドは母との二人暮し。母はブラッドを溺愛し、彼は極度のマザコン野郎となった。ところが、ペルー旅行から帰国したブラッドの性格に変化が現われた。さらに、次の公演で主演俳優に抜擢されながらも、異常行動により降板処分となった。皮肉にもその役柄は母親殺しの息子役だったと言う。
 
 そして、ミス・ロバーツが語った犯行の一部始終。母はブラッドの異常な言動に恐怖を抱くようになっていた。この日、二人はロバーツ家を訪問。家族と共にコーヒーを飲んでいたブラッド。ところがその途中、彼は舞台で使用するはずだった剣で母を殺害した。そして、何者かを人質にとって篭城。ブラッドの説得を続けるハンク刑事とイングリッド。その結果、人質の身元が判明する。そして…!?
 
 
 

【動画の解説や感想など】

 鬼才=ヴェルナー・ヘルツォーク×鬼才=デヴィッド・リンチが、監督と製作総指揮としてタッグを組んだ作品。何かが起きる!絶対に。的な流れで進むのはリンチ・テイスト。そして母殺しを芸術作品に昇華させたヘルツォーク。商業映画としての鑑賞は厳しいが、そこは鬼才×鬼才の産物。それを念頭にご覧あれ!
 
 
 


 
 

【監督】

 ヴェルナー・ヘルツォーク
 

【出演俳優】

 マイケル・シャノン
 ウド・キアー
 ウィレム・デフォー
 マイケル・ペーニャ
 クロエ・セヴィニー
 グレイス・ザブリスキー
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★狂気の行方★【gomovies】
★狂気の行方★【xmovies8】
 
【字幕・fc2】
【字幕・fc2】
 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

● FC2動画を一日に一定回数以上再生する場合、FC2動画への登録が必要になるよ!でも、登録は無料でできるからね!
 
 
 

『トランスポーター イグニション』
U-NEXTで絶賛放映中!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2018年1月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

U-NEXTの31日間無料お試し活用術!

U-NEXT 動画 無料

 
まだ試してないの!?
⇒U-NEXT無料お試し活用術!

★ブログランキング★

ページ上部へ戻る