【無料映画】「太陽」の字幕・吹替え動画を見る方法!

【無料映画】「太陽」の字幕・吹替え動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 この作品は、2006年に公開されたロシア・イタリア・フランス・スイス映画。終戦の直前・直後の昭和天皇の苦悩と、人間宣言を決断するまでの経緯を描いた、ヒューマン・ドラマの傑作!主演は『トニー滝谷』のイッセー尾形、共演は『SAYURI』の桃井かおり、他。監督は、ロシアの映像作家、アレクサンドル・ソクーロフ。歴史上の人物を描く全4部作、ヒトラーの『モレク神』、レーニンの『牡牛座 レーニンの肖像』に続く第3作目にあたる。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

「私は、神格を自ら返上する。」by 昭和天皇

 1945年8月。昭和天皇(イッセー尾形)は焼け落ちた皇居の地下にある待避壕で、ラジオから流れる沖縄戦の報道を聞いていた。やがて開始された御前会議。陸軍大臣の阿南(六平直政)は本土決戦を宣言するが、天皇は無条件降伏を選択する。
 
 待避壕の生物研究所。ここで海洋生物に思いを巡らせる時間、それだけが天皇の安らぎの時だった。しかし、思いはすぐに戦争へと移り、午睡中にも東京大空襲の悪夢に魘される。目覚めた天皇は、皇太子へ宛てた手紙を書き、「私は誰からも愛されない」と呟きながら皇后(桃井かおり)と皇太子の写真に口付ける。
 
 そして終戦に向け、動きは加速する。天皇を乗せた米軍の車は、占領軍最高司令官ダグラス・マッカーサー(ロバート・ドーソン)が待つ公邸へと向っていた。焦土と化した東京、肩を落として歩く人々の姿を目に焼き付ける天皇。そして、「連合軍の決定を受け入れる。」とマッカーサー告げ、日本の敗戦が決まった。
 
 マッカーサーとの二度目の会談。原爆を投下したアメリカを非難する天皇に対し、真珠湾攻撃を非難するマッカーサー。そして、全てはあなたの決断しだいだと語るマッカーサー。皇居へ戻った天皇は思い悩む。そして、疎開先から帰った皇后に、ある決断をしたと告げる。それは…!?
 
 
 

【動画の解説や感想など】

 「ヒトラー、スターリンはリアルな人物だが、昭和天皇はお伽噺的な人物だ。この時代に王制で帝国だったことがお伽噺のようなもの。そして、現実的な日本軍を抱え、天皇制は現実的な制度でもあったと言える。この映画で感じてほしいのは人間の自然性。天皇ヒロヒトは存在した。これはこの拭い去ることは出来ない事実だ。そして、未来を考えなければならない。この世でなされた全ての過ちは全て人間のしてきたことだから」。監督のアレクサンドル・ソクーロフは、このように語っていた。
 
 
 


 
 

【監督】

 アレクサンドル・ソクーロフ
 

【出演俳優】

 イッセー尾形
 ロバート・ドーソン
 佐野史郎
 桃井かおり
 つじしんめい
 田村泰二郎
 ゲオルギイ・ピツケラウリ
 守田比呂也
 西沢利明
 六平直政
 戸沢佑介
 草薙幸二郎
 津野哲郎
 阿部六郎
 灰地順
 伊藤幸純
 品川徹
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★太陽★【putlocker】
 
【吹替】
【字幕①】【字幕②】
 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

● 【吹替】は動画が表示されてから画面右下または左下のマークをクリックすると再生が始まるよ!
●字幕動画を見るにはニコニコ動画への登録が必要だよ。ただ、登録は無料でできるからね!
 
 
 

『コレクター』U-NEXTで絶賛放映中!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2016年10月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

U-NEXTの31日間無料お試し活用術!


 
まだ試してないの!?
⇒U-NEXT無料お試し活用術!

恋愛力向上シアター!

恋愛,映画,ランキング

★ブログランキング★

ページ上部へ戻る