【無料映画】「ガンジー」の字幕・吹替え動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 この作品は、1983年に公開されたイギリス・インド映画。インド独立の父、マハトマ・ガンジーの波乱の生涯を描いた感動の名作。主演は『エクソダス:神と王』のベン・キングズレー。監督は『遠すぎた橋』、『遠い夜明け』のリチャード・アッテンボロー。アカデミー賞では、作品賞、監督賞、主演男優賞等を受賞した。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

「握り拳と握手はできない。」by マハトマ・ガンジー

 1893年、人種差別政策が施行中の南アフリカ。弁護士だった若き日のガンジー(ベン・キングズレー)は、列車内で受けた人種差別に激しい憤りを感じた。この出来事を機に、彼は同胞の移民に対し身分証明カードを焼き拾てようと呼びかける。そんなガンジーの動きに注目したのは、英国人牧師アンドリューズ(イアン・チャールソン)と、ニューヨーク・タイムズのウォーカー(マーティン・シーン)だった。やがてガンジーは非暴力と生涯禁欲を誓い、インド人労働者と共に差別反対闘争を展開していった。
 
 1915年。祖国インドに帰国したガンジーは、英雄として歓迎された。政治的指導者であるネール(ロシャ
ン・セス)や国民たちはイギリスからの独立を願っていた。しかしイギリス政府は、言論や思想、集会の自由を禁止した法律で、ガンジーの動きを抑圧した。それに対しガンジーは、1919年4月6日を祈りと断食の日とし、国民にストライキを呼びかけた。その行動により彼は逮捕されるが、マハトマ=偉大なる魂と呼ばれるまでの指示を集めていた。
 
 そして悲劇は起こった。イギリスの将軍・ダイヤー(エドワード・フォックス)の軍隊が、ボンベイの公園で集会に乗り込み群衆に向けて発砲。1500以上の死傷者を出す血の惨劇となった。ガンジーは、非暴力でイギリスに抵抗しようと訴えるが、国民の不満は暴動へと展開していった。これに嘆くガンジーは、断食という無言の説得で騒ぎを鎮静化させた。ところが…!?
 
 
 

【動画の解説や感想など】

 インド独立の父=マハトマ・ガンジー。暴動ではなく非暴力、不服従によりインドを独立の道へ導いた。彼の思想は、その後の平和主義的手法として大きな影響を与えた。そんなガンジーの心揺さぶる名言集。「全ての人の目からあらゆる涙を拭い去ることが、私の願いである」、「弱い者ほど相手を許すことができない。許すということは、強さの証だ」、「善きことはカタツムリの速度で動く」。うむ、深くて重い。
 
 
 


 
 

【監督】

 リチャード・アッテンボロー
 

【出演俳優】

 ベン・キングズレー
 キャンディス・バーゲン
 エドワード・フォックス
 ジョン・ギールグッド
 トレヴァー・ハワード
 ジョン・ミルズ
 マーティン・シーン
 イアン・チャールソン
 アソル フガード
 ギュンター・マリア・ハルマー
 サイード・ジャフリー
 ジェラルディン・ジェイムズ
 A・パダムゼ
 アムリッシュ・プリ
 ロシャン・セス
 ロヒニ・ハタンガディ
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★ガンジー★【fmovies】
★ガンジー★【ffilms】
 
【字幕①】【字幕②】【字幕③】
 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

 FC2動画を一日に一定回数以上再生する場合、登録を求められることがあるよ!でも、登録は無料でできるからね!
 
 
 

『ルーム』U-NEXTで絶賛放映中!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2016年10月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

U-NEXTの31日間無料お試し活用術!


 
まだ試してないの!?
⇒U-NEXT無料お試し活用術!

恋愛力向上シアター!

恋愛,映画,ランキング

★ブログランキング★

ページ上部へ戻る