【無料映画】「サウルの息子」の字幕・吹替え動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 この作品は、2016年に公開されたハンガリー映画。カンヌが、そして世界が驚愕したホロコーストの現実。男は少年=息子を埋葬したい。そう願っただけだった!?第68回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品。監督はハンガリーの新人、ネメシュ・ラースロー。主演は俳優、詩人、作家、教授と様々な分野でマルチな活動を展開するルーリグ・ゲーザ。

 
 
 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 
 
 

【映画のあらすじ】

「ガディッシュの祈りを唱えてくれ。」by サウル

 1944年秋、ドイツ占領下のポーランド、アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所。そこに移送されたユダヤ人は軍医により選別され、労働力を持つ男を除きガス室へと送られる。そしてそこには、ガス室への誘導と亡骸の処理に従事するユダヤ人の男たちがいた。ドイツ軍は彼らをゾンダーコマンド=特殊部隊と呼んだ。彼らは自らの生存のために人間の尊厳を棄て、同胞たちの亡骸の処理をしていた。そんな彼らもまた、数ヵ月後には抹殺されるという運命を背負っていた。
 
 ハンガリー生まれのユダヤ人、サウル(ルーリグ・ゲーザ)。彼はゾンダーコマンドの一員として、ここで生き残っていた。ガス室に送られた仲間たちの悲鳴を聞き、彼らの亡骸を運び出し焼却する。そして、血や汚物にまみれたガス室を清掃する。それがサウルの日課だった。
 
 そんなある日、サウルは山のように積み重なった亡骸の中に生存する少年を見つける。それはまさに自分の息子らしき男の子だった。その子は軍医によりすぐさま殺害されるが、サウルはユダヤ教の教えに従いこの少年を土葬しようと動き出す。宗教的な指導者であるラビを捜し求めるサウルだったが、そこでは神に祈ることさえ許されなかった。その頃、ゾンダーコマンドの仲間たちによる、脱走計画が進行していた。そして…!?
 
 
 

【動画の解説や感想など】

 ホロコースト=この世に存在した地獄を、主人公・サウルの視点で描いた想像を絶する107分。極限状態の中で人間としての尊厳失いかけていたサウルが見つけた少年の亡骸。彼を正しく埋葬してあげたい。それに全身全霊を捧げていく。サウルが地獄の中でめぐり会った天使。それがあの少年であり、正気を失わないための手段だった。かなり重い作品のラストにサウルが見せる笑顔。それは誰に向けられたものなのか?重い×重い作品である。
 
 
 


 
 

【監督】

 ネメシュ・ラースロー
 

【出演俳優】

  ルーリグ・ゲーザ
 モルナール・レヴェンテ
 ユルス・レチン
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★サウルの息子★【putlocker】
★サウルの息子★【iwannawa】
 
【字幕・streamin】
【字幕・streamin】
【字幕・openload】
 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

● 【streamin】の動画を見るには、画面内右上の青い「×」をクリックして広告などを消した後、画面中央のマークをクリックしてね!
●【openload】が”We are sorry!”と表示される場合、URLをブラウザの検索窓にコピペし直すと動画が表示されるよ!
 
 
 

『コレクター』U-NEXTで絶賛放映中!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2016年10月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

U-NEXTの31日間無料お試し活用術!


 
まだ試してないの!?
⇒U-NEXT無料お試し活用術!

恋愛力向上シアター!

恋愛,映画,ランキング

★ブログランキング★

ページ上部へ戻る