【無料映画】「サブウェイ123 激突」の字幕・吹替え動画を見る方法!

【無料映画】「サブウェイ123 激突」の字幕・吹替え動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 この作品は、2009年に公開されたアメリカ映画。ニューヨークの地下鉄をジャックした男と、交渉人に指名された男との駆け引きの行方は?デンゼル・ワシントン×ジョン・トラボルタで贈る、衝撃のクライム・サスペンス。監督は『エネミー・オブ・アメリカ』、『アンストッパブル』のトニー・スコット。彼の兄は『プロメテウス』のリドリー・スコット監督である。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

「これは復讐だ!」by ライダー

 ニューヨーク地下鉄運行司令室のガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム駅1時23分発の列車が緊急停車したことに気付く。しかも停車しているのは、19名が乗っている先頭車両だけだった。やがて、無線で呼びかけるガーバーに、ライダー(ジョン・トラボルタ)と名乗る男が応答してきた。男は「1時間でニューヨーク市長に身代金1000万ドルを用意させろ!タイムオーバー後は1分ごとに人質を一人ずつ殺す」と要求してきた。
 
 通報を受けたFBIのカモネッティ警部補(ジョン・タトゥーロ)等が到着し、捜査の指揮を執り始めた。しかしガーバーは、上層部からの指示で現場を離れることになった。それを知ったライダーは激高し、人質を射殺しガーバーを交渉役として復帰させる。ガーバーは、車両調達に関わる収賄事件の容疑者となった過去を持ち、捜査陣も彼がこの乗っ取り事件にも関与しているでは?との疑いを持ち始めていた。
 
 やがて事件の詳細を知ったニューヨーク市長は、身代金を用意する苦渋の決断を下す。そして、身代金の受渡しはガーバーが指名された。その頃、人質となっている少年のパソコンからWebを通し、車内の映像が全米中にネット配信されていた。そして、その映像によりライダーの正体と真の狙いが判明する。さらに…!?
 
 
 

【動画の解説や感想など】

 原作はジョン・ゴーディによる犯罪小説。それをベースに映画化されたのが、1975年に公開された『サブウェイ・パニック』。ウォルター・マッソー×ロバート・ショウで製作され、衝撃のラストシーンで今も伝説の神映画と語り草になっている。本作はテレビ版に次ぐ二度目のリメイク。やっぱジョン・トラボルタは悪役が良い!
 
 
 


 
 

【監督】

 トニー・スコット
 

【出演俳優】

 ジョン・トラヴォルタ
 デンゼル・ワシントン
 ジョン・タトゥーロ
 ルイス・ガスマン
 マイケル・リスポリ
 ジェームズ・ガンドルフィーニ
 ベンガ・アキナベ
 アレックス・カルジュスキー
 ラモン・ロドリゲス
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★サブウェイ123 激突★【fmovies】
★サブウェイ123 激突★【123movies】
 
【字幕】
 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

 字幕動画を見るには、画面内右上の青い「×」をクリックして広告などを消した後、画面中央のマークをクリックしてね!
 
 
 

『コレクター』U-NEXTで絶賛放映中!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2016年10月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

U-NEXTの31日間無料お試し活用術!


 
まだ試してないの!?
⇒U-NEXT無料お試し活用術!

恋愛力向上シアター!

恋愛,映画,ランキング

★ブログランキング★

ページ上部へ戻る