【無料映画】「暗殺の森」の字幕・吹替え動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 この作品は、1972年に公開されたイタリア映画。ファシズムに傾倒した大学教授が暗殺者となった。そんな彼を襲った悲しき結末は?『ラストタンゴ・イン・パリ』、『1900年』のベルナルド・ベルトルッチ監督が描いた、衝撃のミステリー・サスペンス。出演は『男と女』のジャン・ルイ・トランティニャン、『裸のマハ』のステファニア・サンドレッリ、『沈黙の官能』のドミニク・サンダ、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

「仕事でも卑怯な奴の相手は嫌だ。」 by マンガニエーロ

 1938年、第二次世界大戦間近にしたイタリア。大学で哲学を教えるマルチェロ(ジャン=ルイ・トランティニャン)。少年時代に、彼を犯そうとした同性愛者の青年を射殺したというトラウマから抜け出せずにいた。そんな苦しみから抜け出したいと願うマルチェロは、ファシズムに傾倒していく。組織のメンバーとなったマルチェロは、恩師であり反ファシズム運動の象徴的な存在である、ルカ・クアドリ教授(エンツォ・タラシオ)の身辺調査を依頼される。彼は妻・ジュリア(ステファニア・サンドレッリ)と共に、新婚旅行を装いパリへと向かう。

 クアドリ教授に招待されたマルチェロは、教授の妻・アンナ(ドミニク・サンダ)に魅了される。彼女はマルチェロを警戒しながらも、彼を誘惑してきた。教授は、「君もいつか自分の主義を捨てる日が来る。」と予言めいたことを話す。そして、組織の指令は調査から暗殺へと変わる。その日から政府の特務情報員であるマンガニエーロ(ガストーネ・モスキン)が、暗殺の監視役として動き出した。

 やがてクアドリ夫妻は、サヴォイアにある別荘へ向かうことになった。マルチェロたちも同行を求められたがジュリアがそれを辞退し、アンナもパリへ留まることを決めた。そしてマルチェロは、サヴォイアの森こそが、暗殺の場所だと決意する。

 暗殺の日。クアドリ教授の車を追跡するマルチェロとマンガニエーロ。サヴォイアの森の手前で、マルチェロは車中にアンナの姿を確認し焦燥する。やがて車は暗殺予定地に到着した。そこには…!?
 
 
 

【動画の解説や感想など】

 あの『ラスト・エンペラー』、『シェルタリング・スカイ』のベルトルッチが、1970年に放った衝撃の最高傑作!圧倒的な映像美と深すぎる脚本。そして何よりも、サヴォイアの森で展開される暗殺シーンは、観る者の心に傷を残す。今知ったのだが、昨年秋にデジタルリマスター版が限定公開されていた。残念!
 
 
 


 
 

【監督】

 ベルナルド・ベルトルッチ
 

【出演俳優】

 ジャン=ルイ・トランティニャン
 ステファニア・サンドレッリ
 ドミニク・サンダ
 エンツォ・タラシオ
 ガストーネ・モスキン
 ピエール・クレマンティ
 イヴォンヌ・サンソン
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★暗殺の森★【123movies】
★暗殺の森★【veoh】
 
【字幕】
 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

 FC2動画を一日に一定回数以上再生するには登録が必要になるみたい!ただ、FC2動画への登録は無料でできるよ!
 
 
 

『ルーム』U-NEXTで絶賛放映中!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2016年10月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

U-NEXTの31日間無料お試し活用術!


 
まだ試してないの!?
⇒U-NEXT無料お試し活用術!

恋愛力向上シアター!

恋愛,映画,ランキング

★ブログランキング★

ページ上部へ戻る