【無料映画】「私が愛した大統領」の字幕・吹替え動画を見る方法!

【無料映画】「私が愛した大統領」の字幕・吹替え動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 この作品は、2013年に公開されたイギリス映画。アメリカ歴代大統領の中でも圧倒的な人気を誇る男、フランクリン・ルーズベルトの秘められた恋愛事情とは!?主演は『グランド・ブダペスト・ホテル』のビル・マーレイ、『私がクマにキレた理由(わけ)』の ローラ・リニー。監督は『ノッティングヒルの恋人』のロジャー・ミッチェル。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

「吃音が何だ!私は車椅子だぞ。」by フランクリン・ルーズベルト

 1929年に世界を襲った大恐慌。第32代、アメリカ大統領・フランクリン・ルーズベルト(ビル・マーレイ)は、ニューディール政策によりアメリカ経済を立て直した。そんなある日、重度の障害と後遺症を抱えながら激務にあたる大統領の世話役として従妹のデイジー(ローラ・リニー)がやってくる。彼女と交わす何気ない会話や、共に出掛けるドライブは、ルーズベルトにとって安らぎの時間となっていた。
 
 1939年6月、第二次世界大戦開戦を見越した英国王ジョージ6世(サミュエル・ウェスト)と、妻・エリザベス(オリヴィア・コールマン)が、歴史的訪米を果たす。イギリスはドイツとの戦いに備え、ルーズベルトの支援を要していた。英国王夫妻をニューヨークの自宅に招き、43歳の国王に父のように接するルーズベルト。深夜に及んだ会談では自らの帝王学を国王に授けた。
 
 晩餐会の夜、本妻のエレノア(オリヴィア・ウィリアムズ)の参加もあり出席を辞退したデイジーは、ルーズベルトと秘書・ミッシー(エリザベス・マーヴェル)の密会を目撃。これを機に大統領の元を離れようと決意するが、翌日のピクニックでは英国王夫妻を歓待する。そして…!?
 
 
 

【動画の解説や感想など】

 『英国王のスピーチ』でジョージ6世が魅せたあの名演説の影に、フランクリン・ルーズベルトがいた。この映画を観て初めて知った事実。そして、ルーズベルトの周囲にいた強い強い3人の女たち。大統領の傍らにデイジーの存在がなかったら、世界の未来も大きく変っていたのではないか?そんなことを思いながらペンを置く。
 
 
 


 
 

【監督】

 ロジャー・ミッチェル
 

【出演俳優】

 ビル・マーレイ
 ローラ・リニー
 サミュエル・ウェスト
 オリビア・コールマン
 エリザベス・マーヴェル
 オリヴィア・ウィリアムズ
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★私が愛した大統領★【putlocker】
★私が愛した大統領★【moviesub】
 
【字幕①】【字幕②】
 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

● 字幕動画を早送りすると、音ズレが生じる場合があるよ!
 
 
 

『ヒューゴの不思議な発明』
U-NEXTで絶賛放映中!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2016年10月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

U-NEXTの31日間無料お試し活用術!


 
まだ試してないの!?
⇒U-NEXT無料お試し活用術!

恋愛力向上シアター!

恋愛,映画,ランキング

★ブログランキング★

ページ上部へ戻る