【無料映画】「英国王のスピーチ」の字幕・吹替え動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 この作品は、2011年に公開されたイギリス・オーストラリア映画。吃音に悩む英国王・ジョージ6世と、言語療法士との奇妙な友情を描いた、真実と感動の物語。主演は『キングスマン』のコリン・ファース。共演は『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命(いのち)の泉』のジェフリー・ラッシュ。監督は『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー。第83回アカデミー賞4部門受賞作品。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

「ご主人の障害を治しましょう。しかし私に全幅の信頼を置いていただきたい。」by ライオネル

 英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)の次男であるジョージ6世(コリン・ファース)。彼は幼き頃から、吃音という大きなコンプレックスを抱えて暮らしてきた。しかし厳格な父は、そんな息子に対し、容赦なく公務でのスピーチをさせていた。各地の言語聴覚士を訪ね、改善を図ろうとするジョージだったが、症状は一向に改善しなかった。
 
 そんなある日ジョージは、妻のエリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)と、スピーチ矯正を専門とするライオネル(ジェフリー・ラッシュ)の治療を受けることになった。ライオネルは、戦争帰還兵を独自の手法で治療した実績で有名な言語療法士だった。
 
 彼は診察室では誰もが平等だ!と語り、王太子のジョージに対しても愛称で呼んだり、愛煙家のジョージに禁煙を命じたりする。さらに、ジョージにヘッドホンをつけさせてシェイクスピアを朗読させ、その声を録音するというユニークな治療を行うが、そんなライオネスに怒ったジョージは、診察室から出て行ってしまう。しかし、その後に行ったスピーチでも失敗したジョージは、治療した際の録音テープを聞き驚愕する。こうしてジョージは、再び彼の治療を受け始めることに。
 
 そんな中、父・ジョージ5世の死に伴い国王に即位した兄のエドワード8世(ガイ・ピアース)が、自らの愛を貫き王位を返上。そして…!?
 
 
 

【動画の解説や感想など】

 第83回アカデミー賞を制した本作。その際のノミネート作品を見ると良作揃いの激戦の年だったと実感。対抗した作品は『ブラック・スワン』、『インセプション』、『127時間』に『トイ・ストーリー3』。残念ながらジェ
フリー・ラッシュの助演男優賞は取り逃がしたが、それに値する演技だと、全世界が称賛した。
 
 
 


 
 

【監督】

 トム・フーパー
 

【出演俳優】

 コリン・ファース
 ジェフリー・ラッシュ
 ヘレナ・ボナム=カーター
 ガイ・ピアース
 ティモシー・スポール
 デレク・ジャコビ
 ジェニファー・エール
 マイケル・ガンボン
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★英国王のスピーチ★【123movies】
★英国王のスピーチ★【ffilms.org】
 
【字幕】
 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

 字幕動画は、早送りをすると音ズレが出ることがあるみたい!
 
 
 

『ルーム』U-NEXTで絶賛放映中!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2016年10月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

U-NEXTの31日間無料お試し活用術!


 
まだ試してないの!?
⇒U-NEXT無料お試し活用術!

恋愛力向上シアター!

恋愛,映画,ランキング

★ブログランキング★

ページ上部へ戻る