【無料映画】「ジャンヌ・ダルク」の字幕・吹替え動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 『ジャンヌ・ダルク』は、1999年に公開されたフランス映画。奇跡と悲劇の乙女=ジャンヌ・ダルクの儚い生涯を描いたスペクタル・ロマン。主演は『フィフス・エレメント』でブレイクを果たしたミラ・ジョボヴィッチ。共演はフェイ・ダナウェイ、ジョン・マルコビッチ、ダスティン・ホフマン。監督は『レオン』、『フィフス・エレメント』のリュック・ベッソン。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

「Follow me!! I will give you the victory!」by ジャンヌ・ダルグ

 百年戦争下、フランスの小さな農村生まれたジャンヌ。幼い頃から教会へ通い、信仰心を支えに成長してきた。しかし、戦争の影はこの小さな町をも襲い、愛する姉や両親を失ったジャンヌ。その怒りと悲しみを信仰にぶつける彼女。「いつの日か、神がお前を必要とする時が来る。」神父は消えかかったジャンヌの魂に小さな希望を与えた。そして彼女は、神と一体化したいと願うようになった。
 
 そんなある日、ジャンヌ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は神の声を聞き、自らが神の使者であると認識する。そして彼女は、シノン城で王太子であるシャルル(ジョン・マルコヴィッチ)に謁見。「私は神の使者。王太子戴冠のために戦いたい!」と申し出た。国王の母・ヨランド・ダラゴン(フェイ・ダナウェイ)は、そんなジャンヌに軍の統率を任せることを決断する。
 
 戦いの最前線オルレアンに赴いたジャンヌ。総司令官のデュノア伯ジャン(チェッキー・カリョ)と共に兵士を鼓舞するジャンヌ。この激戦で彼女は、敵の放った矢に倒れるが、フランス軍は奇跡的な勝利をものにする。こうしてシノンに凱旋したジャンヌは、王太子の即位を実現させた。
 
 一躍、奇跡のヒロインとなったジャンヌは、オレシアンの戦いを共にした兵士たちとパリへと向かった。ところが、国王となったシャルル7世が派兵するはずの援軍が到着しない。その影には、ジャンヌの動きを危惧するヨランド・ダラゴンの暗躍があった。そして…!?
 
 
 

【動画の解説や感想など】

 聖女=ジャンヌ・ダルグ。彼女が聞いた神の声。それは「お前は祖国を救うため神によって選ばれた。男装して戦うのだ。全ての民はお前に付き従うことであろう。」こう告げたと言う。その言葉に導かれ、悲劇の結末を迎えるジャンヌ。神を信じ、魔女として処刑された彼女。1920年、紆余曲折を経て、聖女となったジャンヌ。そして人々の心の中で生き続ける彼女は、神に選ばれた人間だったのであろう。
 
 
 


 
 

【監督】

 リュック・ベッソン
 

【出演俳優】

 ミラ・ジョヴォヴィッチ
 ジョン・マルコヴィッチ
 フェイ・ダナウェイ
 ダスティン・ホフマン
 パスカル・グレゴリー
 ヴァンサン・カッセル
 チェッキー・カリョ
 リチャード・リディングス
 デズモンド・ハリントン
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★ジャンヌ・ダルク★【fmovies】
 
【吹替・nico】
【吹替・vidia】
【吹替・mixdrop】
【吹替・clipwatch】
 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

● ニコニコ動画が再生できない場合、無料登録の上でログインをしてから、もう一度チャレンジしてみてね!
●【clipwatch】の動画を再生すると中央に広告が表示される場合、右端の小さな「×」をクリックしてね!
● 【vidia】の動画で「+ADD ACCESS」と表示される場合には、一番下に表示されるカウントダウン終了後、右上に表示される「CLOSE×」をクリックすると動画の再生ができるよ!
 
 
 

『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』
U-NEXTで絶賛放映中!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2020年6月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ツタヤTV・30日間無料お試し!

★ブログランキング★

ページ上部へ戻る