【無料映画】「猿の惑星:新世紀(ライジング)」の字幕・吹替え動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 『猿の惑星:新世紀』は、2014年に公開されたアメリカ映画。1968年公開され、全世界を震撼させた『猿の惑星』シリーズをリブートし、全世界で大ヒットを記録した『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』。本作は、あれから10年後の世界。人類と共に生きるか?戦うか?その決断を迫られたシーザーの葛藤を描くシリーズ第2弾。監督は『クローバーフィールド/HAKAISHA』のマット・リーヴス。主演は数々の作品でモーションキャプチャーによる演技を披露してきたアンディー・サーキス。前作に続き、シーザーを演じている。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

「エイプ(猿)はエイプを殺さない。」by シーザー

 アメリカ、サンフランシスコ。人類と知性ある猿人類との戦いの過程に発生した人造ウィルスは、世界中に拡散した…。あれから10年、人類の半数は死滅し、生き残った者はコロニーの中で生きる道を模索していた。
 
 シーザー(アンディ・サーキス)をリーダーとする猿たちは進化を加速させ、シーザーが定めた「エイプ(猿)はエイプを殺さない」という掟の下、森の奥に文明的なコミュニティを築き、平和な生活を送っていた。さらに、シーザーの教育により、チームでの狩りや、手話等を使った高度なコミュニケーション能力を身につけていた。
 
 そんなある日、電力が不足に苦しむ人間たちが、水力発電施設を利用しようと猿たちの森に足を踏み入れ、一触即発の危機に陥る。最悪の事態だけは避けたいと願うマルコム(ジェイソン・クラーク)は、シーザーと接触し、徐々に信頼関係を築いていく。
 
 一方、過去の記憶から人間を信じる事が出来ないコバは、自らの提案が却下され、クーデターを画策する。やかてシーザーの代理リーダーとして実権を掌握。シーザーの息子ブルーアイズをはじめとする猿たちと共に、人間たちに戦争を仕掛けてしまう。そしてマルコムとシーザーは、この全面戦争を回避すべく動き出すのだが…!?
 
 
 

【解説や感想など】

 1968年公開の『猿の惑星』。初めて観たのはテレビのロードショー番組。衝撃のラストシーンに、映画の素晴らしさを初体感した。あれから43年。『猿の惑星: 創世記』ではシーザーが誕生。『猿の惑星』シリーズとは異なるオリジナル・ストーリーだが、第一作で全世界を驚愕させた衝撃と感動は脈々と受け継がれている。
 
 
 


 
 

【監督】

 マット・リーヴス
 

【出演俳優】

 アンディ・サーキス
 ジェイソン・クラーク
 ゲイリー・オールドマン
 ケリー・ラッセル
 トビー・ケベル
 コディ・スミット=マクフィー
 カーク・アセヴェド
 ニック・サーストン
 テリー・ノタリー
 カリン・コノヴァル
 ジュディー・グリア
 リー・ロス
 エンリケ・マルシアノ
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★猿の惑星:新世紀★【fmovies】
 
【吹替・nico】
【吹替・dood】
【吹替・mixdrop】
【吹替・mixdrop】
【吹替・clipwatch】
【吹替・clipwatch】
 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

● ニコニコ動画が再生できない場合、無料登録の上でログインをしてから、もう一度チャレンジしてみてね!
●【clipwatch】の動画を再生すると中央に広告が表示される場合、右端の小さな「×」をクリックしてね!
● 動画再生中、いつも変な広告みたいのが表示される場合、動画の再生画面を最大表示にしてみてね!
●【clipwatch】の動画を再生すると中央に広告が表示される場合、右端の小さな「×」をクリックしてね!
 
 
 

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』
U-NEXTで絶賛放映中!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2020年6月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ツタヤTV・30日間無料お試し!

★ブログランキング★

ページ上部へ戻る