【無料映画】「ジュディ 虹の彼方に」の字幕・吹替え動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 『ジュディ 虹の彼方に』は、2019年に公開されたイギリス映画。1939年に公開された『オズの魔法使』で一躍スターに躍り出た女優で歌手のジュディ・ガーランド。47歳の若さで亡くなった彼女が、その半年前に行ったロンドンでの最後の公演に臨む姿を描いた伝記ドラマ。監督は『嘆きの王冠 ホロウ・クラウン リチャード二世』のルパート・グールド。出演は、『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズで主演を務めるレニー・ゼルウィガー、『キング・オブ・エジプト』のルーファス・シーウェル、『ラ・ラ・ランド』のフィン・ウィットロック、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

「歌わせて、私はここでしか生きられないから」by ジュディ・ガーランド

 1939年に公開されたミュージカル映画『オズの魔法使』で、子役でありながら主役に抜擢されたジュディ・ガーランドは、その後も、『スタア誕生』でも類まれなる歌唱力を発揮し、1950年ころまではハリウッドを代表する大スターに上り詰めていた。しかし、多忙な日々の中、彼女は、しだいに神経症や薬物への依存に苦しめられるようになっていき、度重なる遅刻や無断での欠勤が重なったことで、映画の出演オファーがなくなって行き、しだいにそのキャリアに影を落とし、窮地に追い込まれていく。そして、かつての栄光を頼りに、彼女は、ショーの巡業で生計を立てようとしたものの、1960年代半ばには自宅の家賃を工面するのにも苦労するほどの状態に陥っていた。
 
 しだいに借金が膨らみ、住む場所にも苦労するようになった彼女は、1968年、今でも人気の残るイギリスのロンドンにあるクラブでミュージカルショーの公演を開くことを決める。元夫のシドニー・ラフト(ルーファス・シーウェル)に、まだ幼い子供を預け、ひとりロンドンへと旅立ったジュディは、初日の公演に臨むプレッシャーに押しつぶされそうになる。しかし、そんな彼女の心配はよそに、彼女が舞台に上がると、観客の興奮は最高潮となり、ショーは大盛況に終わることになる。
 
 この公演は、数多くのメディアで取り上げられることになり、新たな恋にも巡り合った彼女は明るい未来の到来の予感に心を躍らせる。しかし、やがて彼女は、アメリカに残してきた子供たちの心が自分から離れてしまうのではないかという不安に襲われることになる。そして…!?
 
 
 

【動画の解説や感想など】

 今やハリウッドで押しも押されもせぬ大スターに躍り上がったレネー・ゼルウィガーであるが、彼女のハリウッドでのブレイク作品は、トム・クルーズとのW主演となった『ザ・エージェント』である。この作品も非常に良い映画なので、ぜひ、見てみてね!
 
 
 


 
 

【監督】

 ルパート・グールド
 

【出演俳優】

 レネー・ゼルウィガー
 ルーファス・シーウェル
 フィン・ウィットロック
 マイケル・ガンボン
 ジェシー・バックリー
 ダーシー・ショウ
 ロイス・ピアソン
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★ジュディ 虹の彼方に★【fmovies】
 
【字幕・mixdrop】
【字幕・clipwatch】
【字幕・clipwatch】
 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

●【clipwatch】の動画を再生すると中央に広告が表示される場合、右端の小さな「×」をクリックしてね!
● 字幕が表示されいない場合には、画面右下にある「CC」、歯車または吹き出しのようなマークをクリックした後、「Japanese」または「English」をクリックしてね!
● 【vidia】の動画で「+ADD ACCESS」と表示される場合には、一番下に表示されるカウントダウン終了後、右上に表示される「CLOSE×」をクリックすると動画の再生ができるよ!
 
 
 

『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』
U-NEXTで絶賛放映中!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2020年6月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ツタヤTV・30日間無料お試し!

★ブログランキング★

ページ上部へ戻る