【無料映画】「ヘレディタリー 継承」の字幕・吹替え動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 『ヘレディタリー 継承』は、2018年に公開されたアメリカ映画。とある一家が亡くなった祖母から忌まわしい”あるもの”を受け継いだことから始まる戦慄のホラー。監督は新進気鋭アリ・アスター。出演は、『シックス・センス』のトニ・コレット、『ユージュアル・サスペクツ』のガブリエル・バーン、『ライ麦畑で出会ったら』のアレックス・ウォルフ、他。

 
 
 

海外映画,動画,字幕,吹替,無料映画

 
 
 

【映画のあらすじ】

「みんなが絶対に見たくない恐怖を見せようと思った」 byアリ・アスター

 ミニチュア・ドールハウス美術品を作成するアニー・グラハム(トニ・コレット)は、夫のスティーヴ(ガブリエル・バーン)と高校生になる長男のピーター(アレックス・ウルフ)、そして人付き合いが苦手な長女のチャーリー(ミリー・シャピロ)と4人で暮らしていた。
 
 そんなある日、アニーは、長年疎遠になっていた母親エレンが亡くなったとの連絡を受ける。彼女は、過去のとある出来事がきっかけとなって母親に対する愛憎が錯綜する複雑な感情を抱くようになり、これをきっかけとしてエレンとは疎遠になっていた。
 
 厳かにエレンの葬儀を行ったアニーは、彼女の遺品を整理した際に「私を憎まないで」と記されたメモを発見する。その後、アニーたちが家族を失った悲しみを乗り越えようとする中、やがて奇妙な出来事が起こり始める。暗闇の中に誰かの気配を感じたり、誰もいないはずの部屋で話声がしたり、不思議な光が部屋の中を走るのを目撃したり…。
 
 一方、幼いころから祖母に溺愛をされていたチャーリーは、しだいに不気味な表情で天井のあたりを見つめたり、異常な行動を取るようになっていった。
 
 ところが、やがて最悪の事件が発生する。この事件をきっかけに、アニーたちの家族は完全に修復不可能なまでに崩壊してしまう。そして…!?
 
 
 

【動画の解説や感想など】

 この映画はアメリカで『オーシャンズ8』と同じ週に公開されているにもかかわらず、当初の予想を超える大ヒットとなっている。映画評論家の町山智浩さんは、今までで見た中でも記憶に残るほど「イヤぁ~な映画」だと話している。オカルト映画としてみると拍子抜けするところはあるが、確かに、悪夢のような見たくない恐怖を味わうことになるだろう。
 
 
 


 
 

【監督】

 アリ・アスター
 

【出演俳優】

 トニ・コレット
 ガブリエル・バーン
 アレックス・ウォルフ
 ミリー・シャピロ
 アン・ダウド
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★ヘレディタリー 継承★【fmovies】
 
【字幕・openload】
【字幕・openload】
【字幕・clipwatch】
【字幕・clipwatch】
 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

● リンク先が”We are sorry!”や”Video embed restricted for this domain”、”Sorry!”と表示される場合、新たなウィンドウを開いてURLをブラウザの検索窓にコピペするか、右クリックで「シークレットウィンドウで開く」を選択してね!
 
 
 

『ハードコア』
U-NEXTで絶賛放映中!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2018年11月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

U-NEXTの31日間無料お試し活用術!

U-NEXT 動画 無料

 
まだ試してないの!?
⇒U-NEXT無料お試し活用術!

★ブログランキング★

ページ上部へ戻る