【無料映画】「リチャード・ジュエル」の字幕・吹替え動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 『リチャード・ジュエル』は、2019年に公開されたアメリカ映画。『インビクタス 負けざる者たち』や『ハドソン川の奇跡』など、歴史的な事実をもとにした映画をいくつも撮り続けている巨匠クリント・イーストウッド監督がメガホンをとった第40作目の作品。1996年に実施されたアトランタオリンピックの最中に起こった爆弾テロ事件をもとに、容疑者とされた第一発見者と真実の発見を求める弁護士の戦いを描いた歴史ドラマ。出演は、「スリー・ビルボード」のサム・ロックウェル、「タイタニック」のキャシー・ベイツ、「ベイビー・ドライバー」のジョン・ハム、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

「彼を陥れようとしているのは、政府とメディアだ」by ワトソン・ブライアント

 アメリカ東海岸、フロリダ州の北西部に位置するジョージア州の首都アトランタ。1996年、この街で夏季オリンピックが開催された。しかし、オリンピックの開催7日目の午前1時20分頃、会場近くの公園の屋外コンサート会場でパイプ爆弾が爆発する。けれども、この直前に不審なバッグを発見した警備員のリチャード・ジュエル(ポール・ウォルター・ハウザー)が、すぐに通報し、近くの人を避難させたため、多くの人たちが命を救われることになる。
 
 ところが、不審物の第一発見者であった彼は、その後、FBIからテロの首謀者としての容疑を掛けられ、逮捕されることになる。これまで大勢の命を救ったとして英雄視されていたリチャードは、一転してテロの容疑者として警察やマスメディアから追及されることになる。
 
 そんな中、FBIの捜査手法に異論を唱え、ジュエルの弁護を引き受ける弁護士が現れる。彼の名はワトソン・ブライアント(サム・ロックウェル)。ワトソンは、政府とマスコミがジュエルを陥れようとしていると指摘した。
 
 一方、ワトソンの指摘に反論する者も現れる。女性記者のキャシー・スクラッグス(オリビア・ワイルド)もその一人であった。彼女は、ワトソンがこのテロ事件を引き起こした動機を”ヒーロー願望と警察への憧れ”だと主張し、ジュエルの容疑をめぐる報道は、さらに熱を帯びていく。そして…!?
 
 
 

【動画の解説や感想など】

 歴史的事実に沿って展開される点や英雄から容疑者へと暗転する点は『ハドソン川の奇跡』と共通するが、大惨事を避けられたテロ事件が題材で、あまり気に留めていなかった人も多かったということもあり、興行成績は芳しくない。地味な映画ではあるが、評論家からの評価は高く、リチャードの母親役のキャシー・ベイツは、すでにアカデミー賞やゴールデングローブ賞の助演女優賞にノミネートされている。
 
 
 


 
 

【監督】

 クリント・イーストウッド
 

【出演俳優】

 サム・ロックウェル
 キャシー・ベイツ
 ジョン・ハム
 オリビア・ワイルド
 ポール・ウォルター・ハウザー
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★リチャード・ジュエル★【fmovies】
 
【字幕・clipwatch】
【字幕・clipwatch】
【字幕・clipwatch】
 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

●【clipwatch】の動画を再生すると中央に広告が表示される場合、右端の小さな「×」をクリックしてね!
● 再生ボタンを押すと関係ない動画が再生される場合、画面右下部に表示されるカウントダウン終了後、「Skip AD」をクリックすると、本編の動画が表示されることが多いよ!
● 字幕が表示されいない場合には、画面右下にある「CC」または歯車のようなマークをクリックし、「Japanese」または「English」をクリックしてね!
 
 
 

『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』
U-NEXTで絶賛放映中!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2020年6月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ツタヤTV・30日間無料お試し!

★ブログランキング★

ページ上部へ戻る