【無料映画】「女神の見えざる手」の字幕・吹替え動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 『女神の見えざる手』は、2016年に公開されたアメリカ映画。政府を裏から動かす戦略のプロである「ロビイスト」のヒロインが全米で500万人もの銃愛好家を抱える巨大組織に戦いを挑む社会派サスペンス。監督は『』のジョン・マッデン。出演は『インターステラー』のジェシカ・チャステイン、『ザ・コンサルタント』のジョン・リスゴー、『キングスマン』のマーク・ストロング、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

「ロビー活動とは、予見すること。敵が切り札を見せた後で、自分の札を出す。」by エリザベス

 政府の役人や上下院の議員など、華々しく政治の表舞台で活躍する人たちがいる中、「ロビイスト」と呼ばれる政府を裏で動かす戦略のプロがいる。そんな中、天才的な戦略で政府を動かす数々の活動を行ってきたひとりの女性がいた。彼女の名はエリザベス・スローン(ジェシカ・チャステイン)。一流ブランドの服に身を包み、ハイヒールと真っ赤なルージュが特徴の彼女は、大手ロビー会社の花形ロビイストとして辣腕をふるっていた。
 
 そんなある日、彼女の下に銃の所持を支持するとある団体からのロビー活動の依頼が舞い込んでくる。この依頼の主は、上下院の議員たちにも強い影響力を持つ大物であったが、彼女はこの依頼をきっぱりと断った。すると、彼女の上司であるデュポン(サム・ウォーターストン)は、この重要な依頼を断るなら、君がいる席はないと言い渡される。
 
 その夜、エリザベスは、出席したパーティーの会場で銃規制法案の成立に働きかけを行っていた小さなロビー会社のCEOであるロドルフォ・シュミット(マーク・ストロング)から、一緒に銃規制に向けて戦って欲しいと声を掛けられた。
 
 次の日、彼女は身近な部下を伴って、これまでいたロビー会社からシュミットの会社へと移籍すると、奇策ともいえる予測不可能な戦略によって不利だった形成を瞬く間に逆転させていく。ところが…!?
 
 
 

【動画の解説や感想など】

 この映画は視聴者の評価は非常に高く、MovieWalker、Yahoo映画、映画.com、Filmarks、アマゾン、いずれも平均評価は10点満点中8点を超えている。その一方で、この映画の批評家からの支持率は63%、平均点は10点満点で6.2点という辛い評価となった。その理由は、この映画の出来栄えが、主役のエリザベスを演じたジェシカ・チャステインの演技力に寄りかかりすぎているというのが最も多かったが、この辛口の評価に納得してしまうほど、彼女の存在感は圧倒的なものがある。
 
 
 


 
 

【監督】

 ジョン・マッデン
 

【出演俳優】

 ジェシカ・チャステイン
 マイケル・スタールバーグ
 マーク・ストロング
 サム・ウォーターストン
 ググ・バサ=ロー
 アリソン・ピル
 ジョン・リスゴー
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★女神の見えざる手★【fmovies】
 
【字幕・openload①】【②】
【字幕・openload①】【②】
【吹替・streamango①】【②】
 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

● リンク先が”We are sorry!”や”Video embed restricted for this domain”、”Sorry!”と表示される場合、新たなウィンドウを開いてURLをブラウザの検索窓にコピペするか、右クリックで「シークレットウィンドウで開く」を選択してね!
 
 
 

『ライフ』U-NEXTで絶賛放映中!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2018年8月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

U-NEXTの31日間無料お試し活用術!

U-NEXT 動画 無料

 
まだ試してないの!?
⇒U-NEXT無料お試し活用術!

★ブログランキング★

ページ上部へ戻る