【無料映画】「運び屋」の字幕・吹替え動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 『運び屋』は、2018年に公開されたアメリカ映画。『グラン・トリノ』から約10年、今年89歳になるクリント・イーストウッドが監督・主演を務めたクライム・ドラマ。90歳で孤独な日々を過ごしていたひとりの男は、ある日、車の運転さえすればよいという簡単な仕事を持ち掛けられて引き受けるのだが…。共演は『アリー スター誕生』のブラッドリー・クーパー、『アントマン&ワスプ』のアントマン&ワスプ×マイケル・ペーニャ、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

「大きな代償を払って、やっと家族が大事だと気づいた」by アール・ストーン

 90歳になろうとする年老いたアール・ストーン(クリント・イーストウッド)は、若いころ、家庭をまったく顧みず、仕事一筋の人生を送ってきた。そんな彼は、やがて家族から見放され、年老いた今では、ひとり孤独な日々を過ごしていた。
 
 そんな彼は、ビジネスがうまくいかず、資金不足に陥り、いまでは自宅も差し押さえ寸前の状態に陥っていた。
 
 ところが、そんなある日、彼は、ひとりの男から、とある仕事を持ち掛けられる。それは「車の運転さえすればよい」という簡単な仕事であった。資金不足に陥っていたアールは、お金欲しさに、飛びつくようにこの仕事を引き受けた。
 
 しかし、テキサス州のメキシコとの国境付近の街にある指定されたタイヤショップを訪れた彼は、そこで、明らかに堅気とは思えない男たちから、とある荷物と携帯電話を渡される。
 
 男たちに指示されたホテルに荷物を運んだアールは、彼が想像もしなかったほどの多額の報酬を受け取り、ここで初めて自分が取り返しの付かないことをしたと悟ることになる。そして…!?
 
 
 

【動画の解説や感想など】

 この映画でクリント・イーストウッドが演じるアール・ストーンのモデルとなったのは、第二次世界大戦のアメリカ軍の退役軍人で、退役後長らく「デイリリー栽培の達人」と呼ばれたレオ・シャープである。1990年代半ばまで、彼の事業は順調であったが、ユリの売買にまでネット通販の波が押し寄せ、アナログ世代の彼の事業は低迷を始めることになる。そして、この事業の失敗をきっかけにして、彼は本作に描かれている裏社会の取引へと身を投じていくことになったのだ。
 
 
 


 
 

【監督】

 クリント・イーストウッド
 

【出演俳優】

 クリント・イーストウッド
 ブラッドリー・クーパー
 ローレンス・フィッシュバーン
 マイケル・ペーニャ
 ダイアン・ウィースト
 アンディ・ガルシア
 イグナシオ・セリッチオ
 アリソン・イーストウッド
 タイッサ・ファーミガ
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★運び屋★【fmovies】
 
【字幕・openload】
【字幕・clipwatch】
【字幕・streamango】
 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

● リンク先が”We are sorry!”や”Video embed restricted for this domain”、”Sorry!”と表示される場合、新たなウィンドウを開いてURLをブラウザの検索窓にコピペするか、右クリックで「シークレットウィンドウで開く」を選択してね!
●【clipwatch】の動画に広告が流れる場合、右中央部当たりに表示されている表示をカウントダウン終了後「skip ad」をクリックするか、広告が終わるまで待ってね!
● 字幕が表示されない場合、画面右下の「CC」のマークをクリックしてね!
 
 
 

『死霊館のシスター』
U-NEXTで絶賛放映中!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2019年10月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ツタヤTV・30日間無料お試し!

★ブログランキング★

ページ上部へ戻る