【無料映画】「1917 命をかけた伝令」の字幕・吹替え動画を見る方法!

 


 
 
 

【映画の概要】

 『1917 命をかけた伝令』は、2019年に公開されたアメリカ映画。『007 スカイフォール』や『007 スペクター』でメガホンを取ったサム・メンデス監督が全編ワンカット撮影に挑んだ戦争ドラマ。第一次世界大戦時の戦場を舞台にして、若きふたりの兵士が、1600人の仲間を救うために、命の危険を顧みず、敵地を抜けて伝令を伝えるために奮闘する姿を描く。出演は、『マローボーン家の掟』のジョージ・マッケイ、『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のベネディクト・カンバーバッチ、『メリー・ポピンズ リターンズ』のコリン・ファース、他。

 
 
 


 
 
 

【映画のあらすじ】

「仲間を救いたければ、命の限り急ぐのだ」 by スミス大尉

 第一次世界大戦が勃発してから約3年が経過した1917年4月のフランス。イギリスやフランスなどの連合国軍がドイツ軍と対峙する中、イギリス軍に所属するウィリアム・スコフィールド(ジョージ・マッケイ)とトム・ブレイク(ディーン=チャールズ・チャップマン)は、上官のスミス大尉(マーク・ストロング)から、とある命令が下される。
 
 それは、西部戦線にいるドイツ軍が後退を始めたため、連合国軍の第二大隊がこれを追撃し、有効な攻撃を加えるという作戦が立てられていたものの、連合国軍の航空偵察によって、このドイツ軍の後退がワナであることが判明する。そこで、第二大隊を率いるマッケンジー大佐(ベネディクト・カンバーバッチ)に対し、作戦の中止命令を伝えようとするが、電話線が切れていて、電話によって伝えることが不可能であるため、第二大隊の待機する場所へと伝令を伝えよというものであった。
 
 明日の朝に作戦が実行されるこの第二大隊には1600人ほどの将兵たちが所属しており、この中にはトムの兄であるジョセフ・ブレイク中尉(リチャード・マッデン)もいた。ふたりは、1600人の命を救うため、たくさんの遺体が倒れる川を渡り、銃弾の飛び交う平原を抜け、ドイツ軍の占領地を駆け抜ける。そして…!?
 
 
 

【動画の解説や感想など】

 本作品の映画評論家たちからの評価は10点満点中で平均8.43点で、絶賛といえる評価を得ている。評論家たちから第一次世界大戦時の戦場を生々しく描いていたと絶賛されるこの作品は、撮影の一部で使用された偽の遺体が生々しいため、地元の住民が本物と誤解しないために模造品であることを表示していたということである。なお、この作品は、2020年2月9日に開かれた第92回アカデミー賞で、撮影賞と視覚効果賞、録音賞の三冠を果たしている。
 
 
 


 
 

【監督】

 サム・メンデス
 

【出演俳優】

 ジョージ・マッケイ
 ディーン・チャールズ=チャップマン
 ベネディクト・カンバーバッチ
 コリン・ファース
 マーク・ストロング
 アンドリュー・スコット
 リチャード・マッデン
 
 
 

【動画配信サイト紹介】

★1917 命をかけた伝令★【fmovies】
 
【字幕・cloudvid】
【字幕・mixdrop】
【字幕・mixdrop】
【字幕・clipwatch】
【字幕・clipwatch】
 
 
 

【無料動画視聴の際の注意点】

●【clipwatch】の動画を再生すると中央に広告が表示される場合、右端の小さな「×」をクリックしてね!
● 字幕が表示されいない場合には、画面右下にある「CC」、歯車または吹き出しのようなマークをクリックした後、「Japanese」または「English」をクリックしてね!
 
 
 

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』
U-NEXTで絶賛放映中!
 
↓     ↓     ↓
U-NEXTを31日間無料で視聴する方法!
 
※2020年6月時点の情報です。
最新の配信状況は公式サイトで確認してください。

 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ツタヤTV・30日間無料お試し!

★ブログランキング★

ページ上部へ戻る